札幌で学資保険の正しい選び方 | ほけんYesNoナビ

ほけんの正しい選び方学資保険

学資保険とは、こどもの教育資金の備えを目的とした保険です。

毎月決まった額の保険料を払い続ければ祝い金や満期金として、契約時に決めたお子様の年齢に合わせて給付金が受け取れます。

さらに、契約者に何かあってもこどもの将来をしっかりと守る保障がついているのも特徴です。

例えば、学資保険は
こんな時に役立ちます

  • 子供の教育資金の備え
  • 親にもしものことがあった時(保険料払込み免除)

貯金では足りない?「学資保険」が必要な理由とは

必要な理由その1「計画的に教育資金を確保できる」

将来のために大学まで進学してもらいたいと考える方は多く、中には幼稚園から受験を考える方もいらっしゃいます。そのためには教育関連費用をどう準備するかを計画的に考える必要があります。

学資保険は終身保険同様、貯蓄性のある保険なので教育費を準備することが出来ます。

必要な理由その2「進学や入学に合わせて祝金がある」

また、進学や入学に合わせて祝金という形で給付金がおります。まとまったお金が必要な入学時などに給付金を受け取れることが、学資保険の特徴の1つです。

必要な理由その3「親にもしものことがあってもこどもの将来を守る」

学資保険には基本的に「保険料払込免除」がついています。

これは、保険期間中に契約者(大抵の場合は父親か母親)が亡くなった場合や、高度障害状態になり働けなくなったときなどに、以後の保険料の支払いが不要になるものです。保険料が免除になっても、満期金や祝い金はご契約された所定の時期にしっかりと全額受け取ることができます。

親に万が一のことがあった場合でも、教育資金を準備できます。

学資保険もっと詳しく知ろう!学資保険の選び方ポイント

ポイント1「こどもの教育費はどれくらい必要?」

こどもの教育費は幼稚園から大学まで、およそ1,000万円~3,000万円必要と言われています。

特に高額な費用がかかるのは入学金や初年度授業料などが必要な学校へ進学した際です。契約内容によっては、まとまったお金が必要な入学時に、祝金という形で支払った保険料を複数回に渡って受け取ることができます。

お金に余裕がある方は、使わずに契約時に決めた満期まで待ってから受け取るというタイプの契約内容もあります。この場合、満期の設定は最もお金がかかる大学入学時に合わせる方が多いです。

ポイント2「いつ加入するのがベストなの?」

大半の方が、こどもが0歳〜5歳の間に学資保険に加入しますが、将来に向けて教育資金の準備を始めるのに最適な時期は意外にも出産前です。

保険会社によってはこどもが生まれる前から加入できるものもあり、実際、0歳のうちに加入するご家族が増えています。

学資保険は早い内に加入するほど毎月支払う保険料の負担も抑えられ計画的に無理なく準備ができるように、こどもが産まれて忙しくなる出産前から検討するのがおすすめです。

お客さまに聞いた
「わたしたちはこんな理由で
学資保険に加入しました」

  • 小学生のこどもが2人いますが、どちらも大学まで進学させてあげたいと考えています。計画的に貯蓄しなければいけないので、貯蓄メインの学資保険に加入しました。 

    夫37歳、妻32歳

  • こどもの将来を考えて、生活に無理のない範囲で保険料が支払える学資保険に加入しました。

    夫29歳、妻27歳

  • 妊娠した時点で学資保険に加入しました。出産前だったので子供の将来をゆっくり時間をかけて考えることが出来ました。

    夫29歳、妻29歳

お一人お一人、保険の最適なプランは異なります。
あなたにとって最適な保険を一緒に考えましょう。

ほけんYesNoナビの無料相談。
お電話 or WEB で簡単予約♪

地域密着型の「ほけんYesNoナビ」に
お気軽にご相談下さい♪

あなたのお住まいの地域から近い店舗は?

気になる保険を詳しく見る