よくあるご相談のライフステージご就職

ご就職時に入る保険は、将来の必要不可欠な備えです。

例えば・・・

  • 事故にあった
  • 病気になった
  • がんになった
  • 貯蓄に不安がある

就職後、万が一、
急に多額な費用が必要になっても、
適応される保険に入っておけば
定額の保険金が支払われます。

ご就職された方を守る代表的な保険

保険に加入された方の声「私たちはこんな理由で加入しました」

社会人になり一人暮らしが始まったばかりの時、風邪をひきました。ただの風邪でしたが「これが大きな病気だったらどうしよう…。親に心配や負担をかけたくない。」と考えたことをきっかけに医療保険を検討し始めました。

色々と保険を選んだ結果、生活に無理がない範囲で入院と手術と女性特有のがんにも対応した医療保険とがん保険に加入しました。何もないに越したことはありませんが、不安になる時間はものすごく減りました。良い選択をしたと思っています。

札幌市/24歳 女性

知っておくべき!就職したら必要になる保険のお話

就職は人生の大きな転機です。

就職した後は社会人として慣れるのに大変でしょうし、「若いから保険はまだいいかなー」と考えている人が多いと思いますが、就職したからこそ保険のことをしっかりと考えなければいけません。

大抵の方は就職を機に自立をします。万が一、病気やケガなどで働けなくなってしまうと生活が成り行かなくなりますし、精神的にも大きな負担になります。何かあってからではなく、何かあったときに焦らずしっかり治療に専念できるように準備しておくととても心強いです。

若いうちは収入が安定しない方が多いので、安定するまでの間は医療保険とがん保険、家族が増えたり収入が安定したら定期保険や終身保険というようにライフプランを考えた保険選びがおすすめです。

気になるライフステージを見る