公的保険アドバイザーとは

悩みにお答えします!公的保険アドバイザー

公的保険アドバイザーとは?

公的保険アドバイザーとは公的保険についての知識を豊富に持ち、生活者にアドバイスすることを使命とする資格です。
現在、公的保険の窓口はそれぞれ独立しており適切な情報を提供できる国の機関は存在していません。
公的保険の内容を詳しく知らないために様々なトラブルが発生しています。
生活に関わる国の制度を伝えリスクに対処する方法をアドバイスする専門家として公的保険アドバイザーに注目が集まっています。

ほけんYesNoナビが 公的保険アドバイザーを取得する理由

保険選びの基礎となるのは、公的保険=社会保険制度(高額医療費・遺族年金・障害年金・老齢年金など)です。お客様がお持ちの公的保障(権利)を、お客様とコンサルタントが理解することにより、より質の高い無駄の無い合理的なプランニングが可能になると考え、公的保険アドバイザー資格を取得しています。

公的保険アドバイザーが
必要とされている3つの理由

2025年の超高齢化問題と
社会保障費の増加
公的保険アドバイザー
日本は少子高齢化の影響により2050年には65歳以上が3,768万人(人口の38.8%)になると予測されています。
高齢になると介護を必要としたり病気になったりとリスクが高くなります。そうなると必然的に社会保障費は増加していきます。
負担の増加と給付の減少
日本の社会保険制度は「賦課方式(ふかほうしき)」といい、私たちが払う保険料が高齢者の年金の財源です。
65歳以上の高齢者1人を支える20~64歳の人数は、1965年では約9人でしたが2050年には1.2人となります。
そうなると財源を支えている現役世代の負担は増していきます。一方、支えられている高齢者も受給額の減額や受給年齢の引き上げなど対策を取らざるを得ない。
老後の生活を不安なく送れるようにと考えられた方法ですが、少子高齢化においては重大な弱点となります。
公的保険を補完する
リスクへの備え
社会の変化で国の保険が以前のような力強いものではなくなっています。今後、人生のリスクはどのように対処すればよいのでしょう?
それは民間保険や金融資産などが対処法としてはあります。しかし公的保険を理解したうえで民間保険を考える人は少ないのです。
公的保険について理解を深めてもらうために公的保険アドバイザーが必要とされています。

公的保険アドバイザー公式ページへ