札幌でがん保険の正しい選び方 | ほけんYesNoナビ

ほけんの正しい選び方がん保険

がん保険は、がん治療の保障に特化した保険です。

医療保険の特約でもがんに備えるものはありますが、がん保険を主契約として加入する分、がん治療に関する経済的負担をより手厚く保障する内容が備わっています。

医療保険と同じく定期型・終身型の2種類がありますが、最近は一生涯、がん治療の保障をする終身タイプが主流になっています。

例えば、がん保険は
こんな時に役立ちます

  • がんになった
  • 先進医療でがん治療を受けたい
  • がん治療で長期入院になった

医療保険に加入しているけど…「がん保険」が必要な理由とは

必要な理由その1「がんになった時のリスクを減らせる」

がんは最も身近に潜む病気です。

がんは身近な病気であるにもかかわらず、他の病気に比べ入院日数も長く治療費も高額になる傾向にあります。そのため、がんになると自分だけではなく家族にも精神的、金銭的な負担は重くのしかかります。

いつ降りかかるかわからないがんに備えることは、自分のためにも家族を守るためにも大切なことです。

必要な理由その2「がんに特化した手厚い保障」

がん治療の保障は医療保険に特約としてつける方がいますが、身近な病気だからこそ、より保障が充実したがん保険への加入が安心です。

医療保険のがん特約も単体のがん保険の保障内容はあまり変わりません。ただ、医療保険のがん特約などは保険の見直しで契約内容に変更があった際に特約が消えてしまったり、契約内容によって給付金の制限があったりするので、制限を超えた治療費については給付されない場合も少なくないです。

そのため、医療費が高額になりやすいがんに備えて。がん保険単体で入ったほうが長く安心して保障が受けられるのです。

がん保険もっと詳しく知ろう!がん保険の選び方ポイント

ポイント1「がんの治療費用はいくら必要?」

がんの平均治療費は約100万円と言われています。

共働きのご夫婦の場合、保険料の支払いに余裕があればご夫婦それぞれが終身タイプのがん保険に加入するのがおすすめです。

お子様がいらっしゃる方は、特にお子様が自立するまでは経済保障が必要ですので一時金の厚いがん保険に見直すのがおすすめです。

ポイント2「がんが再発した時の保障は?」

がん保険を選ぶ際は、「再発した時の保障があるかどうか」が重要です。

がんになった方の8人に1人が再発すると言われており、治療が終わった後も不安が付きまといます。がん保険はがんの再発時に保障があるものとないものがあり、再発時の保障条件などもとても複雑です。

そこで、がん再発時の保障で特に注目したいのが、がんと診断された時に給付される「診断給付金」です。診断給付金は用途が自由なお金をまとまって受け取れるため、がん再発時にも診断給付金を受取れるタイプのがん保険を選ぶと大変心強いです。

ポイント3「がん治療の先進医療の保障は?」

がん治療では、健康保険適用外の先進医療を受けた場合、保険金の支払い対象かどうか?が重要です。

先進医療は最先端の治療技術でがん治療の場合、平均治療費用が200万円〜300万円と高額です。

通常がん保険には先進医療特約を付けることが可能です。先進医療特約は、月々の支払いが100円程度のものが多いので、家計の負担にはならないでしょう。

高額な医療費にも対応できるよう、がん保険に加入の際は先進医療特約をつけることをおすすめします。

お客さまに聞いた
「わたしたちはこんな理由で
がん保険に加入しました」

  • 結婚と同時にがん保険に加入しました。もしもがんになった時に家族のためにも先進医療を受けられるのであれば受けたいと考え、先進医療特約も付けています。

    夫28歳、妻24歳

  • 共働きなのでそれぞれがん保険に加入しています。定期型と悩みましたが、現役が終わった後も保障してくれる終身型に加入しました。

    夫35歳、妻29歳

  • 母が乳がんを経験しています。保険に入っていたのでお金のことは気に病まず、治療に専念できたそうです。乳がんは遺伝要素が強いそうなのでがん保険に入りました。

    女性 25歳

お一人お一人、保険の最適なプランは異なります。
あなたにとって最適な保険を一緒に考えましょう。

ほけんYesNoナビの無料相談。
お電話 or WEB で簡単予約♪

地域密着型の「ほけんYesNoナビ」に
お気軽にご相談下さい♪

あなたのお住まいの地域から近い店舗は?

気になる保険を詳しく見る