よくあるご相談のライフステージご出産

ご出産前に入る保険は、妊娠時のリスクに必要不可欠な備えです。

例えば・・・

  • 入院が長引いてしまった
  • 帝王切開での出産になった
  • 切迫早産で入院が必要になった
  • 妊娠中毒症になってしまった

妊娠中や出産時、万が一、
急に多額な費用が必要になっても、
適応される保険に入っておけば
定額の保険金が支払われます。

妊娠中のママやご家族を守る代表的な保険

保険に加入されたご家族の声「私たちはこんな理由で加入しました」

私の姉が第一子出産の際に帝王切開での出産になりました。出産は終えたものの入院が長引き、自己負担額は当初予定していた以上にかかってしまったそうです。

私も近いうちにこどもが欲しいと考えています。 色々と調べてみたところ、妊娠すると医療保険に加入できなかったり、加入できても保障の内容にも制限が出てきたりすることを知り、妊娠する前に医療保険に加入することを決めました。

札幌市/夫26歳、妻26歳

知っておくべき!出産したら必要になる保険のお話

出産にかかる費用は一般的に30万円〜50万円程度です。

しかし、妊娠・出産は病気ではないため、基本的に保険は適用になりません。

さらに、妊娠すると入院や手術をするリスクが高まります。例えば、つわりがひどかったり、妊娠中毒症などになったりすると入院しなければいけないこともあります。

また、出産時にも切迫早産になったり、帝王切開になったりすると入院日数が長引くケースが多いです。このような異常分娩は健康保険などが適用となりますが、入院日数などによっては自己負担額もかなり高額になります。

このように妊娠・出産には予期せぬトラブルが意外と多いのですが、妊娠中は加入できる医療保険も限られ保障内容も制限があります。出産に不安がある方は安心して出産に臨むためにも妊娠前の医療保険加入がおすすめです。

気になるライフステージを見る