よくあるご相談のライフステージ節約

実は、適切な保険に入ることで、節約になることがたくさんあります。

例えば・・・

  • 予期せぬ事故にあった
  • 長期の入院が必要になった
  • 生命保険料控除で節税
  • 計画的な貯蓄が難しい

万が一の時に保険に入っていると、
金銭的な負担が減るので結果的に節約に繋がります

実は、加入することで節約になる代表的な保険

保険に加入されたご夫婦の声「私たちはこんな理由で加入しました」

父親が、がんになった時、相当な額の治療費が必要になりました。両親は「貯蓄してるし保険料は高いだけだから医療保険は必要ない」と言っていましたが、貯蓄をはるかに超える医療費が必要になったため、生活や老後の備えにかなりの影響が出たようです。

私も結婚して子供が2人います。両親のこともあり、自分たちの将来や子供にかかる負担などを考えると、月々生活に支障のない範囲で保険料を支払って保障が受けられるのであれば安いもの!と考えるようになりがん保険の加入を決めました。

札幌市/3人家族

知っておくべき!実は節約になる保険のお話

貯金もしてるし月々の保険料は高いから保険はいらない!と思っていても、実際に予期せぬ事態になると予想以上のお金が必要になることもあります。そうなると貯金だけでは足りなくなるというケースも少なくありません。結果として、保険に加入していたほうが節約になることも多いです。

また、保険の種類によっては加入すると「生命保険料控除」や「医療保険料控除」などというものがあります。保険料控除とは、一定の生命保険料や医療保険料などを支払った場合、そのうち一定の金額を所得から差し引くことができる所得控除のことをいいます。つまり、所得税や住民税が安くなり税金を節約することができます。

気になるライフステージを見る